入学祝いでランドセルを贈ろう【選び方を徹底解説】

金額は半額ほどを

赤ちゃん用品

出産内祝いとはいただいた出産祝いのお返しに贈るもののことです。金額は三分の一から半額程度で、品物は消耗品が基本です。いただいてから二ヶ月以内ほどに返すのがよいとされています。直接持参してもよいですが郵送することも多いです。

詳しく見る

Menu

買い物の基準

子供たち

基準に合ったものを

プレゼントを購入する際には、そのプレゼントの価格や受け取る人が本当に喜んでくれるかなど様々なことを考える必要が出てきます。今回はそのプレゼントをランドセルにしようとする場合に絞って、どのようなことを考慮してランドセルを購入すればいいのかを説明していきます。ランドセルを購入する際に考える必要があることは大きく分けるとサイズ、色、品質の三つです。ランドセルをプレゼントされる人は体格も人それぞれなので、勝手なサイズを購入しプレゼントしたところで、あまり喜ばれることはないでしょう。なので事前に本人の身長を聞いておき、その人にあったサイズのものを買いましょう。ランドセルには色にもさまざまな種類があり、プレゼントされる人の色の好みも重要なポイントとなってきます。ですが、たいていの人のランドセルは男子は黒色、女子は赤色の場合がとても多いです。本人の好みの色がわかるのであれば、その人の好きな色のランドセルを購入してもいいですが、男子なら黒、女子なら赤を買っておけばまず問題はないでしょう。そして最も重要な考慮する点として品質がありますが、ランドセルは小学校六年間使用するものであり、安物だとすぐに壊れてしまう可能性があるので、しっかりとした丈夫で品質の良いものを購入する必要があります。プレゼントするものにお金をかけないという選択肢もありますが、安物をプレゼントしたところでもらった人はうれしくありません。こういったことを考慮することでランドセルを購入すれば、より良い選択ができるのではないでしょうか。

人工皮革にない魅力とは

ランドセル

牛革のランドセルは本格志向の人に選ばれているものです。耐久性が高く、味わいがあり、高級感があるのが魅力です。水に弱い、重いといったデメリットもあるので、選ぶときは子供の意向もふまえて選ぶ必要があります。

詳しく見る

桃の節句を祝おう

子供

女の子の健やかな成長を祈り、桃の節句に雛人形を飾る習慣があり、雛人形がその子を守り厄落としの意味もあります。雛人形にはさまざまな種類があり、着物の柄やお顔など同じものはありませんので、選ぶのに時間がかかるため早めの検討が良いです。

詳しく見る

最適なお返し

赤ちゃん

出産祝いをもらった場合には、出産内祝いとしてお返しすることがマナーとなっている。出産内祝いでは、出産祝いの半分から3分の1程度の金額を目安に選ぶことが相場となっている。また、食品など消費するものを選ぶと良い。

詳しく見る

軽くても強度があります

子供たち

以前のランドセルは黒と赤しかありませんでしたが、今は色とりどりのランドセルがあります。今のランドセルはA4サイズが入るように以前のよりは少し大きくなっていますが、軽くて丈夫な素材を使うことによって軽量化がはかられています。

詳しく見る