入学祝いでランドセルを贈ろう【選び方を徹底解説】

Menu

金額は半額ほどを

赤ちゃん用品

消耗品がポイント

出産内祝いとは、出産祝いをもらったときのお返しのことをさします。厳密には出産が無事終わった喜びを周囲の人と分かち合うために贈るちょっとした品物をさすので、お返しという意味合いで使うのは本来的な意味とはずれています。ですが、近年ではお返しという意味合いが強くなっています。出産内祝いを贈るときは、いただいた品物の三分の一から半額程度の金額を目安に品物を選ぶのがポイントです。現金やギフトカードなどの金券類は出産内祝いとしてふさわしくないので、品物を選ぶのが基本です。出産内祝いは何度もありうるもので何度ももらうことがあるので、消耗品を選ぶのがよいとされています。たとえばお菓子や調味料、飲み物などの食品類や、タオルや洗剤といった日用品などが喜ばれています。赤ちゃんの名前を入れる名入れ加工をするのも人気があります。赤ちゃんの名前を御披露目するのも同時に行えるためです。お礼の手紙として写真が入った手紙を同封するのもおすすめです。出産内祝いを贈る時期としてはもらってから二ヶ月以内ほどが目安となります。できたら一ヶ月以内が理想的ですが、出産直後は母親の体力も消耗しているため無理はしなくても問題ありません。母体の安全と健康に配慮するのが当然なので、持参する必要もなく、郵送などで渡すのが最近ではほとんどとなっています。機会があれば直接持参してももちろんかまいませんが、そうでなくても失礼にはあたらないということは覚えておくべきでしょう。