入学祝いでランドセルを贈ろう【選び方を徹底解説】

Menu

軽くても強度があります

子供たち

新素材を使い軽量化

小学校一年生になる前に誰もが購入するランドセルですが、昔は男の子は黒で女の子が赤と基本的に2色しかありませんでしたが、今では水色や紫色が人気になっているように色とりどりのランドセルが登場しています。また、シンプルではありますが、リボンや刺繍が施されたランドセルも人気になっています。現在のランドセルの特徴というとA4サイズの教科書が主流になっていることからA4でも余裕で入るように昔のものより少し大きくなっています。昔の教科書はB5が主流だったので今のランドセルよりは少し小さくて比べてみるとよくわかります。大きくなると普通は重くなるのですが、素材の進歩によって軽い人工皮革を使っているため大きくなったのに重さは1kgを切るものも珍しくなくなりました。今度は軽くすると気になるのは6年間使い続けられるかといった耐久性です。素材そのものも軽くて丈夫な人工皮革を使っていますが、底板や内装まで軽くできるところは軽くして、耐久性が必要なところはしっかり作り込むようにブラッシュアップされて作られています。ランドセルの主要な素材は皮革になりますが、それ以外にも留め金や縁金のように金属を使っている箇所がたくさんあります。金属は丈夫な半面重いという特徴を持っています。ここを軽いプラスチックに変えるだけでも大きく軽量化することができますし、強度が必要な部分は金属を残したり、軽くて丈夫なプラスチックを使うよにして作られています。