入学祝いでランドセルを贈ろう【選び方を徹底解説】

Menu

桃の節句を祝おう

子供

女の子が生まれたら

日本には昔からさまざまな伝統的な文化があり、その一つが子供の健やかな成長を願って祝う節句があります。男の子なら5月の端午の節句があり、鯉のぼりや兜を飾り、女の子なら3月の桃の節句があり、雛人形を飾ります。この雛人形は、女の子が生まれて初めて祝う初節句の時に購入する人が多く、それは、雛人形がその子を守り厄落としの意味もあるからです。古くから、母方の親が孫に雛人形を購入するという習慣があり、決まりは特にありませんが、今日でもこの習慣が根強く残っているようです。雛人形には、お内裏様とお雛様を基本として、雛人形を飾る段数によって、三人官女や五人囃子など人形の数や御道具の数などが変わってきます。以前は雛人形というと、7段飾りなどの豪華なものが多くありましたが、最近は核家族化が進み、マンション暮らしの家庭も多くあるので、コンパクトなものも増えています。例えば、ケースに入ったものや、親王飾りといって、お内裏様とお雛様だけのもの、人形や御道具が1つの収納ケースに全て収まるタイプのものなどがあります。値段もさることながら、飾るスペースや雛人形をしまっておくスペースなどを考えて、どのようなものを購入するかを考える人が増えているのです。そして、雛人形は一つ一つ手作りで、同じ人形は1つもないので、同じ人が作ったものでも、着物の柄やお顔が異なっています。種類もたくさんあるので、迷ってしまって選ぶのに時間がかかることがありますので、購入を検討している人は早めの行動が良いです。