入学祝いでランドセルを贈ろう【選び方を徹底解説】

Menu

最適なお返し

赤ちゃん

選び方と相場額

赤ちゃんが生まれると、友達や親戚などから出産祝いをもらうことがある。これらの出産祝いをもらった場合には、お返しとして出産内祝いを贈ることがマナーとなっている。出産内祝いを選ぶ場合には、相場やマナーなどがある。出産内祝いの相場として言われているのが、出産祝いでもらった額の半分から3分の1程度の金額を目安として出産内祝いを贈るということがある。出産祝いよりも高額なものをお返ししたり、極端に安いと気を悪くする可能性が有るため、一定の相場の範囲で出産内祝いを選ぶと良いということがある。また、出産内祝いではどのようなものをお返しすれば良いか迷うことも多い。これらの選び方としては、消費するものを選ぶと喜ばれるということがある。お菓子や食品など消費するものを選ぶことで、多くの場合喜んでもらえる可能性が有る。その際、贈ってくれた相手の趣向なども考慮しながら選ぶとより良い。さらに、できるだけ日持ちするものを選ぶと良いということもある。賞味期限の短いものでは、宅配の受取タイミングなどにより受け取りが遅くなってしまうことがある。それらを考慮し、賞味期限に余裕があるものを選ぶと特によい。また、送り相手による考慮もある。親戚や両親などでは写真入りや名前入りの贈り物でも喜ばれるということがある。名前入りの出産内祝いでは、注文してから発送するまでに多少時間が要するものもあるため、早めに手配するなどするとより良い。